中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#20. 聖からの・・・*

聖ちゃんは想定外のことすぎて、 僕ともう消えてしまった花火の交互を見てる。 昌 聖ちゃん、僕と結婚してください! 聖 わたしで良いのかな・・・ 昌 僕は聖ちゃんが良いんで...
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#19. 思い出の花火大会で・・・*

聖ちゃんとの暮らしは思っていたよりも楽しく、 時に言い争うというより僕が勝手に怒ったりすることもあった。 それでもやっぱり大好きな人からの「おかえり」という言葉は最強で、 その日どんなに辛いことがあったり疲れていても彼女の言葉だけで元...
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#18. お誘い*

聖ちゃんの荷物は僕が思っていたよりも少なくて、 手伝うほどもなく僕たちは新しい生活に向けての買い出しに向かった。 大きな家具とかは暮らしてみないと分からないから、という聖ちゃん。 ーーー僕は聖ちゃんとIKEAに行きたいのに。 一緒に...
スポンサーリンク
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#17. 強い気持ち*

「ーーーよろしくね、黒岩くん」 *** それからのぼくたちの行動はとても早かった。 とにかく一刻も早く聖ちゃんをこのアパートから出したくて、 不動産屋さんに頼み込んで契約より早く入居させてもらう許可ももらった。 ーーー自分...
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#16. 聖の退院*

聖 ごめんね、変な話して。明日も仕事でしょ?もう遅くなっちゃうし帰った方が良いと思うよ。 しばらくの沈黙の後、口を開いたのは聖ちゃんの方だった。 昌 でも聖ちゃんが・・・ 1人になるのは怖い...
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#15. 真実*

「黒岩くん聞いてるか?」 勝太郎さんの言葉を聞いて僕の頭は真っ白になった。 聖ちゃんが病院に運ばれた? 何で?何で?疑問ばかりが・・・ 「黒岩くん、しっかり!聖は大丈夫だから!ーーー今日、出張から帰ると聞いたから○○病院に来て欲しい...
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#14. 出張からの・・・*

「黒岩、明日から出張!大阪に!1週間!」 この残酷な通知を受けたのは数日後のことで、 あの日から僕の頭はまるでお花畑にいるように周りがピンク色にしか見えてなかった。 それが真っ黒な暗闇の底に落とされた気分になった。 聖 期待されてる...
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#13. 会いたい、ただ一心で*

聖ちゃんのアパートに着いた僕は何度も何度もインターホンを押す。 ーーーまるであの時の自分みたいに。 18歳の僕は誓約書を書かされていると知って聖ちゃんのもとに走った、 ただ会いたくて。 声が聞きたくて。 聖ちゃんの立場も何も考えずに。 その...
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#12. 同窓会*

「5年ぶりの再会を祝ってかんぱーい!」 九重が主催となって行われた今回の同窓会は5年前と同様でほとんどの同級生が集まった。 高校以来会ってないメンバーと久しぶりに会っても辞める前の中学時代に戻ってるような感覚になるのは不思議だ。 「ねぇ、...
中学聖日記_妄想

【 中学聖日記_妄想 】#11. 黒い影*

人間のこういう時の勘って凄く当たるものだと思う。 オレは必死で聖ちゃん、 いや、その影を追いかけたーーー。 だけど金曜日の繁華街は人だかりが凄く、一瞬で聖ちゃんどころかその影をも失った。 不安で不安で仕方なかった、 もし本当に聖ちゃんを付...
タイトルとURLをコピーしました